12.9インチ「iPad」は教育、企業、公共機関を想定か?

スポンサードリンク

Quanta Computerが12.9インチ「iPad」を受注か

アップルの噂されている12.9インチの大画面のディスプレイを搭載した「iPad」の量産の受注をQuanta Computerが獲得したと伝えられています。

iPad

大型iPadは教育市場や企業、公共機関などのエンタープライズ市場を対象としているようで、生産に関してもいくつかの問題が発生しており画面サイズの大きさが主流の大きさではないことから発注量は制限されるとしています。また、スマートウォッチの「iWatch」については、部品メーカーが試作生産をすでに開始しているとしていますが歩留まりの問題で量産については2014年第1四半期から第2四半期に延期されるとのこと。

12.9インチの大画面となると13インチの「MacBook Air」とほぼ同じ大きさになってしまうので個人の利用はかなり限られることになりそうですが、教育やエンタープライズ市場がターゲットとなっており公共施設などの利用なども考えられるのかもしれませんね。

[Digitimes]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。