WIMAXを解約し「iPhone 5s」テザリング生活に!7GB通信制限は大丈夫?

スポンサードリンク

WIMAXを解約し「iPhone 5s」テザリング生活に!

UQの「WIMAX」を契約して1年が経過しました。ちょうど10月が1年縛りの「WiMAX Flat 年間パスポート」の更新月だったので解約することを決断しました。

iPhone 5s テザリング

決断した理由は、先日「iPhone 4S」からテザリングが利用可能になる「iPhone 5s」に機種変更したことで「WiMAX」の必要性が無くなってしまったからです。

不安要素は通信制限

もちろん「WIMAX」から「iPhone 5s」のテザリング利用にすることによる不安要素はあります。

  1. 月間通信料が7GBを超えた場合に128KBへ通信制限
  2. 1GB/3日間超過時は速度制限をかける場合があり

僕の場合は1日5時間程度は喫茶店などでMacを広げて色々と作業をしています。

1ヶ月のうちに12日程度を「WIMAX」を利用しており残りは喫茶店のWI-FIスポットを利用しています。つまり1日700MBを超えなければ「月間通信料が7GB」という壁はクリアできます。ただ「1GB/3日間超過時」を考えると1日300MB程度に抑えたいところです。

そこで下調べとして3日間「iPhone 5s」のテザリングを利用して普段と同じように「WIMAX」の代わりとして運用をしてみました。ただ、この実験の時は1日3〜4時間くらいの運用となったので実際の通信料より少ないと考えた方がよいです。

通信量はソフトバンクのマイページで確認することができます。

ソフトバンク 通信料

結果としては、1日3〜4時間の運用で多くても200MBであることがわかりました。これなら多分5時間くらい運用しても300MBくらいで収まりそうです。

というわけで「iPhone 5s」のテザリング運用の1番の不安要素はなくなり、あとはiPhoneのバッテリーの問題などがありますが約3時間くらいの利用で40%くらいバッテリーを使用したのでいざという時のためにモバイルバッテリーなどをあった方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

テザリング運用のメリット

「WIMAX」から「iPhone 5s」のテザリング運用に変更することで大きなメリットもあります。

WIMAXの公式最大通信速度は40Mbpsでどんなに早くても3Mbps程度しかスピードが出ていませんでしたが、「iPhone 5s」のLTE(ソフトバンク)なら10Mbpsは普通に出ており体感速度がとても速くなり快適に作業が出来るようになりました。4000円弱支払っていた「WIMAX」より実質無料で利用できる「iPhone 5s」のテザリングの方が通信速度が速いとは時代の流れを感じますね..

というわけでこれからは「iPhone 5s」のテザリングネットワークを利用していきたいと思います。

追記:WiMAX 2+のギガ放題プランが発表されて興味本位で契約をしてしまいました。制限がないのは使っている上に置いて精神的に楽でいい感じです。ただ、つうヶ月間利用してみて7GBを超えるデータ通信を行う月がほとんどなかったので、現在はギガ放題プランを解約し通常の7GBのプランでWiMAX 2+を利用しています。

追記(2016年7月):格安SIMの運用が一番賢い

現在は格安SIMに適当なスマートフォンを購入して外などではそこからテザリングしてMacBookに接続して利用しています。3GBのデータ通信なら月額900円程度で利用することができるので4000円近くするWiMAX 2+を利用するよりもずっとリーズナブルで利用することができます。

しかも、WiMAX 2+の場合は電波がLTEよりも入らない場所が多いので、価格の安い格安SIMの方が使い勝手が良い場合もあります。通信速度が遅いんじゃないかと思うかもしれませんがFREETELやNifMo辺りであれば普通の時間帯なら20Mbps程度の速度が出ておりWiMAX2 +よりも快適に利用する事が出来ています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。